スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在特会 in 広島 生中継URL決定

平成23年8月4日から広島において「原発を守ろう!」 「核武装推進」 を訴える3日間連続街頭演説会を行います。また、8月6日には核武装推進を訴えて原爆ドーム周辺を回るデモ行進も予定されています。8月4日から6日にかけての活動はすべて生中継でお届けする予定です。今回、3日間の中継先URLが決まりましたので報告いたします。なお、それぞれの詳細については下記イベント紹介にて確認ください。

広島生中継URL

【1日目】 原発を守ろう! 核武装推進! 街頭演説会 in 広島
http://live.nicovideo.jp/gate/lv58125883

【2日目】 原発を守ろう! 核武装推進! 街頭演説会 in 広島
http://live.nicovideo.jp/gate/lv58229903

【3日目】 原発を守ろう! 核武装推進! 街頭演説会 in 広島
http://live.nicovideo.jp/gate/lv58346201

広島から日本覚醒! 核武装推進デモ
http://live.nicovideo.jp/gate/lv58351800

8月4日からの3日間連続街頭演説会、8月6日のデモ行進に一人でも多くの方が参加いただけますことを願っております。各日のイベントについてのお問い合わせは、在特会広島支部( zaitokuhirosima@gmail.com ) までお願いします。
スポンサーサイト

次回予告【8月4日・5日・6日】 原発を守ろう! 核武装推進!      街頭演説会・核武装推進デモ in 広島

広島から日本覚醒! 日本を守るために一日も早い核武装を!
反日国家の核兵器を容認する反日極左を瀬戸内海に叩き込め!

平等・人権の名の下に長く日本人の人権を貶め続けて来た反日左翼に対して、我慢の限界にある日本人が本気で怒りを爆発させます。広島市の平和公園に設置されている『安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから』 と刻まれた記念碑は、平和の象徴として存在しているといわれています。しかし、実態は自虐史観のモニュメント(贖罪意識という名の平和の押し付け) に過ぎず、これこそ左翼の政治プロパガンタ以外の何者でもないのです。広島は国を語ることも独立を語ることも、そしてそれを思うことや表現する行為さえ邪悪視されてきました。今こそエセ平和主義に断固NOの声を上げましょう! 私たち日本人が真の自由を獲得するときがきたのです。

【日時】
平成23年8月4日(木) 12:00集合

※ 1時間程度の街頭演説会を予定しています
※ 6日の集合時間は11:00ですのでご注意ください

【集合場所】
元安橋 橋上

地図(原爆ドーム付近)
http://p.tl/_lN0



------------------------

【2日目】 原発を守ろう! 核武装推進! 街頭演説会 in 広島

【日時】
平成23年8月5日(木) 12:00集合

【集合場所】
平和大橋 西詰近辺

地図(原爆ドーム付近)
http://p.tl/_lN0


---------------------------

【3日目】 原発を守ろう! 核武装推進! 街頭演説会 in 広島

【日時】
平成23年8月6日(木) 11:00集合

【集合場所】
原爆ドーム前

地図(原爆ドーム付近)
http://p.tl/_lN0

※ 6日は街頭演説後に核武装推進デモを挙行します
※ 集合場所は3日間異なりますのでご注意ください
※ 在特会のノボリが立ちますのでそれを目印に集合ください


-----------------------

広島から日本覚醒! 核武装推進デモ

支那朝鮮の核に抗議しない似非平和主義者を瀬戸内海に叩き込め!
二度と核の惨禍を招かないため早期の核武装を求めよう!

【集合日時】
平成23年8月6日(土) 13:00集合

【集合場所】
元安橋

地図(原爆ドーム付近)
http://p.tl/_lN0

【主催】
在日特権を許さない市民の会 広島支部

【共催】
在特会 全国各支部

【問い合わせ】
広島支部メールアドレス
zaitokuhirosima@gmail.com

詳細は以下のURLをご覧ください。
http://www.zaitokukai.info/modules/piCal/index.php?smode=Daily&action=View&event_id=0000000752&caldate=2011-7-24

7月18日の報告 玄海原発編

平成23年7月18日、名護屋城博物館にて館長以下、関係者との討論が終わったのち、博物館のすぐ近くにある玄海原発を訪れました。玄海原発の敷地には原発のテーマパークがあり、今回はそこでガイドの方から原発の基本から教えていただくことになりました。



博物館からの続きで10名の参加者で原発の仕組みなどを、日本で唯一設置されている実物大の模型を見ながら分かりやすく解説いただき、さらに九州における原発の重要性を改めて知ることができました。説明では現在、九州電力管内の原発は佐賀県と鹿児島県の2箇所に設置されており、この2箇所の原発で九州電力管内の電力需要およそ40%をまかなっているとのことでした。

ただし、ご承知の方も多いかと思いますが、定期点検が終わりいつでも原発の再開が可能となっているにも関わらず「地元の了解が得られない」 という理由で玄海原発は停止状態が続いています。なお、残りの九州電力の電力需要の多くは火力発電所でまかなわれているとのことでしたが、その設置箇所はなんと九州全域の200箇所以上に上っており、原発がたった2箇所で九州電力管内の40%の電力需要をまかなっているのに対して、火力発電の効率がいかに悪いかを数字の上からもはっきり理解できました。



九州電力本社前で人の迷惑考えずに座り込みを続ける反日左翼の爺が「九州電力管内では原発を止めても、火力発電所で不足分をまかなえる」 と狂ったように絶叫していたため、あらためてこの指摘が正しいかどうかを玄海原発の職員に尋ねてみたところ、答えは「まかなえない」というものでした。九電管内で200箇所以上にのぼる火力発電所の中で休止している発電所も、とくに石油単体型方式の発電所は老朽化が著しく再開するにしても点検や整備などで火が入るまでに2~3年かかることもありますが、そもそも解体寸前の発電所を何年も維持できないとのことでした。また天然ガスとの混合型発電所や天然ガス単体方式の発電所も、原発と同じく点検が必要であり稼働率100%にすることは物理的に不可能です。最大で80%程度の稼動しか見込めない以上、火力発電所をもって原発停止にともなう不足電力をまかなうことはできないということです。



余談になりますが、見学コースの最後は玄海原発全体を見渡せる展望台に案内されましたが、そこに自然界の放射線量をリアルタイムに数字で表す機械がありました。そこで見学終了時に先崎福会長が九電の社員に「黄砂が吹いたあとは放射線量が増えているのではないか?」 と尋ねたところ、やはり黄砂が吹いてくると放射線量の数字が上がっているとのことでした。ぜひとも、「放射能汚染許すまじ」 と叫びまわっていた反原発を訴える九州の反日左翼の面々は、直ちに支那中共領事館に突撃していただきたいと思います。

こうして反日左翼の妄言がまたひとつ虚構であることが証明できただけでも、玄海原発まで足を運んだかいがあったというものですが、改めて原発の仕組みや地震対策などを勉強できたことは大変有意義でした。見学の後は、玄海原発のすぐ目の前で原発からの廃熱を利用した温室を訪れて、温室栽培のトマトを試食させていただきました。夏の日差しの中、喉が渇いていたところに程よく冷えた玄海トマトは大変美味で、試食した参加者一同「おいしい」 の連呼でした。

皆さまも機会がありましたらぜひ玄海原発を訪れてはいかがでしょうか?


平成23年7月20日(水) 在特会会長 桜井誠




7月18日の報告 名護屋城博物館編

平成23年7月18日、前日の福岡街頭演説会から場所を佐賀県に移して予定の活動を行いました。まず、5月に一度訪れた佐賀県立名護屋城博物館を再度訪問し、改めて博物館の展示内容についての問題を討論してきました。事前にアポを取っており、館長および副館長そして佐賀県教育委員会の担当氏の3名に対応いただきました。





1時間半ほどの時間を費やして歴史的記述の問題点の指摘と訂正を求めることになりました。現在、福岡支部にて撮影した動画のアップを最優先に進めているとのことですので、一両日中にニコニコ動画やユーチューブなどでその内容を確認いただけると思います。





きわめて辺鄙な場所にあるこの博物館になぜ韓国人が大挙して押し寄せてきているのか? という疑問点から始まった今回の博物館側との討論でしたが、対応した3名が18年前に建設されたときのメンバーではないため当時の博物館建設理念を問うことはできませんでした。しかし、20億円以上の日本国民の税金によって建設され、入場料無料のため以降の館の維持運営費だけ(博物館による発掘調査費は別)で毎年4~5000万円の国民の税金が使われている博物館である以上、「日本国民による日本国民のための博物館」 であるという基本認識だけは館長以下、参加者一同の共通するところと確認できました。



その後の討論内容については動画を参照いただきたいのですが、ようするに博物館の展示目的が朝鮮人の歴史観に根ざしたものであり、歴史的事実を無視した形で古代においては朝鮮半島から日本への一方的な文化伝播、中世においては事実上「高麗寇」だった元寇の史実を捻じ曲げて高麗は元に従っていやいやながら日本へ「遠征」しただけと記し、一方で豊臣秀吉の朝鮮征伐は日本によるかつてない残虐な侵略行為と記述しています。近代に至っては言わずもがなの事態であり、相も変らぬ植民地被害やら慰安婦やらのオンパレードです。



自分たちの史観をそのまま日本側が博物館にして展示してくれるのであれば、当然朝鮮人たちは喜んでこの博物館を観光コースに入れて、たどり着くまでに相当の時間を費やしても佐賀県立名護屋城博物館を目指すでしょう。実際に地元の方に話を聞いても、この博物館を訪れる多くが朝鮮人で占められているということでした。反日史観を慰撫する展示物を朝鮮人は無料で堪能し、その博物館の維持費用を日本国民が税金で負担するという余りにも愚かな状況が集約されているのが、この名護屋城博物館だったのです。

今後も佐賀支部を通じて粘り強く展示内容の訂正、変更を求めていく所存です。皆さまも佐賀県にお立ち寄りの際には、ぜひこの博物館を見学いただきその問題点について改めて考えていただければと思う次第です。


平成23年7月19日(火) 在特会会長 桜井誠



在特会 桜井会長&九州 & 中国地区 合同街頭演説会 7.17

平成23年7月17日(日曜・福岡市・天神)にて、
「在日特権を許さない市民の会」の桜井誠会長を筆頭に、
日本を破壊する巨悪を倒すため、怒りの声をあげました。

在特会 桜井会長&九州 & 中国地区 合同街頭演説会(1) 7.17


在特会 桜井会長&九州 & 中国地区 合同街頭演説会(その2) 7.17


【街宣告知】在特会九州 & 中国地区 合同街頭演説会 in 天神

日本解体を目指す反日左翼勢力から我が国を守ろう!
日本再生のために国民一人一人が政治に対して声をあげよう!!

民主党政権誕生より、ただひたすら混迷の度を深める政治は東日本大震災からの復興問題、原発問題に起因する将来的な電力の安定供給、人権法案を筆頭とする売国法案の数々、など国民に対して指針さえ示せない状況が続いています。そして悪化する一方の国内情勢に対して、何一つ有効な行動を起こせない旧態保守陣営。この絶望的な状況下において、行動する保守運動の中心たる在特会全国32支部は断固声を上げていきます。平成23年7月17日(日) 福岡天神において当日帰郷する会長桜井誠を陣頭に、在特会の九州 & 中国地区の各支部が総力をあげて我が国の現状を率直に伝える『合同街頭演説会』 を挙行します。各支部一丸となって原発問題、パチンコ問題、外国人参政権問題、人権法案問題など諸問題に切込みますので、皆さまぜひ当日は演説会開催地、天神ソラリア前に参集ください。聴衆としての参加も大歓迎です。

※ 詳細を変更する場合があります
※ 変更は随時追加告知いたします

【日時】
平成23年7月17日(日)13:00~

【場所】
天神ソラリア前
西鉄福岡天神駅前直ぐ
http://p.tl/PIrN

【生放送】
ニコニコ生放送にて13:00より中継予定
中継先URL未定

【注意事項】
雨天決行
国旗・旭日旗・Z旗・プラカード持参歓迎
顔を写されたくない方はサングラスなどご持参ください
現場責任者の指示に必ず従ってください

【現場責任者】
桜井誠 (在特会会長)
先崎玲 (在特会副会長)
沢村直樹 (在特会福岡支部長)

【主催】
在日特権を許さない市民の会 福岡支部

【共催】
在特会 佐賀支部/大分支部/熊本支部/鹿児島支部/広島支部/島根支部

【問い合わせ】
福岡支部メールアドレス
zaitokufukuoka@gmail.com

【在特会広島】8・6ショック!広島市原爆ドーム前街宣告知動画

広島から日本覚醒! 日本を守るために一日も早い核武装を!
反日国家の核兵器を容認する反日極左を瀬戸内海に叩き込め!

<元安橋 & 原爆ドーム前 街頭演説>

【日時】
平成23年8月4日(木)~6日(土)
三日間とも 10:00~12:00

【場所】
4日~5日 元安橋
6日 原爆ドーム前




<核武装推進デモ>

【集合日時】
平成23年8月6日(土) 13:00集合 13:30出発

【集合場所】
原爆ドーム前

外国人生活保護と外国人優遇の奨学金制度を許すな             平成23年7月3日

外国人に対する生活保護は、最高裁の判決で示されたとおり憲法違反です。

しかし市役所は、最高裁の判決を無視して在日外国人に対して生活保護を支給し続けています。




外国人­に「日本国民のための生活保護費」 を垂れ流す行政のふざけた実態に対して、

日本国民として断固怒りの声をあげてまいります!


民主党の正体

民主党の正体とは、YouTubeにアップロードされた以下の動画が
民主党の「すべて」を示しています。

ぜひご家族やご友人に、以下の動画を見せてあげてください。

(「narwhale62」さん作成の動画)を転載いたします。

【7月3日(日)緊急街宣】外国人生活保護と外国人優遇の          奨学金制度を許すな

外国人に対する生活保護は、最高裁の判決で示されたとおり憲法違反です。しかし市役所は、最高裁の判決を無視して在日外国人に対して生活保護を支給し続けています。

以下、排害主義宣言( http://haigai.exblog.jp/ ) より

-------------------

平成22年7月 ※ 福岡市外国人生活保護者

韓国・朝鮮 361
中国 58
フィリピン 23
ベトナム 6
アメリカ 2
中南米 4
その他 10

合計 464人

圧倒的多数を朝鮮人が占めている外国人生活保護問題とは、現状において朝鮮人問題と同一といっても過言ではない。しかも重要なのは、この数の推移である。4年さかのぼった平成18年の同様の資料も入手できたので、掲載させていただく。

平成18年7月

韓国・朝鮮 284
中国 39
フィリピン 18
ベトナム 1
アメリカ 3
その他 8

合計 353人

-------------------

外国人に「日本国民のための生活保護費」 を垂れ流す行政のふざけた実態に対して、日本国民として断固怒りの声をあげてまいります!

【日時】
平成23年7月3日(日) 13:30集合 14:00開始

【集合場所】
天神ソラリアステージ前

【生中継】
緊急のため未定(確定次第告知)

【その他】
雨天決行 / 国旗・プラカード持参歓迎
特攻服など現場にそぐわない恰好はご遠慮ください
撮影が入るため、顔を移されたくない方はサングラスなどご持参ください
現場責任者の指示に従ってください

【現場責任者】
沢村直樹 (在特会福岡支部長)

【主催】
在日特権を許さない市民の会 福岡支部

【共催】
在特会 佐賀支部/大分支部

【問い合わせ】
zaitokufukuoka@gmail.com
Profile

Author:在特会福岡支部
天神界隈を中心に、街頭活動、勉強会、デモ、抗議活動などをやっております。テレビの前や居酒屋で愚痴をこぼしても何も変わることはありません。同志の皆さん、今こそ声を上げてまいろうではありませんか。

Twitter
New
Comment
Trackback
Archive
Category
Search
RSS
Link
ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも
QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。