スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在特会島根支部 2・22「竹島の日」デモ&街宣を終えて  大島聡

一年に一度の「竹島の日」が今年も訪れました。毎年、島根県では2月22日の竹島の日に県民文化会館にて記念式典を開催しておりますが、竹島の日に合わせ島根県内で実施されたデモ行進は今回の島根支部主催のデモ行進が初めてです。
当日は午前9時過ぎに会長を出迎えに出雲空港へ先崎副会長と川上広島支部長と運営の斉藤氏との4名で迎えに行きました。久しぶりにお会いする会長は少々お痩せになられた様子です。会長と合流した一行はそのまま県庁所在地、松江市に向いましたが、途中のサービスエリアで街宣車が数十台集結しているのを見て改めて今日が竹島の日であることを実感いたしました。

今回、私は初めてデモの責任者を務めることになりましたが、実施する日を迎えるまでには様々なデモの準備で大変多忙の日々を過したことにより、今迄にデモ行進を実施された皆様方の御苦労を改めて痛感させられました。
心配されていた天候も本日はスッキリとした日本晴れ、正にこれからデモを実施するには最高のコンデションとなり、後は出発時間を待つばかりです。最終的な参加人数は16名でしたが、平日にも関わらず参加された皆様には本当に頭が下がる想いです。

そしていよいよデモ行進出発ですが、市内には街宣車が大音響を鳴り響かせ隊列を組んで走行しています。私達の主張する声が街宣車の大音響によってかき消されることがないように、参加者全員が一丸となって元気よく松江市内を行進して行きます。途中、予想されていました韓国人たちの妨害もなく無事に松江駅に到着、続いて駅前にて参加者がそれぞれ竹島問題について島根県民に訴えていきます。竹島を県土とする島根県ですが、意外にも県民は竹島について余り興味がなく、平和ボケしている日本人の象徴のような県民が多数存在しているのが島根県の現状です。

本来でしたら県民・市町村及び県が一体となって、竹島の領土権の早期確立を目指した運動を推進し、竹島問題についての国民世論の啓発を図る運動を全力で実施しなければいけません。しかし、現在の多くの国民がそうであるように島根県民も自国の領土に対する意識が余りにも低すぎるのです。そのような中、
今回実施しました竹島奪還デモ街宣は大変意義のある活動だったと言えるのではないでしょうか。

最後に参加された皆様、本当にお疲れ様でした。そして ありがとうございました

島根支部 大嶋聡

コメント

非公開コメント

Profile

在特会福岡支部

Author:在特会福岡支部
天神界隈を中心に、街頭活動、勉強会、デモ、抗議活動などをやっております。テレビの前や居酒屋で愚痴をこぼしても何も変わることはありません。同志の皆さん、今こそ声を上げてまいろうではありませんか。

Twitter
New
Comment
Trackback
Archive
Category
Search
RSS
Link
ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも
QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。