スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『地震・津波』と『国家主権・国民主権』

 地震と津波が起きました。被害の甚大さに言葉もありません。
テレビのニュースで、被害の甚大さを確認しながら、改めて国家主権と国民主権の重要性を再認識いたしました。自衛隊が被災者の救助に全力を注げるのも、日本列島の主権が日本国と日本国民にあるからです。

 もし仮に民主党・在日韓国朝鮮人・中国共産党が推し進める外国人地方参政権(住民投票条例・住民自治条例)や地域主権(市民主権・住民主権・在日外国人も主権者)が成立していれば、地方自治体の行政権を中国や韓国に奪われることになるため、そのような地方自治体は、地震や津波の甚大な被害が発生しても、自衛隊に救援要請を自由に行えません。

 最悪の場合、「自衛隊の救援」の代わりに「中国人民解放軍が制圧」に来て居座る自治体さえ出てくる可能性もあります。住民投票条例(外国人地方参政権)は、既に北九州市・広島市・岩国市・・・等、多数の地方議会で成立しております。在特会福岡支部は、これらの住民投票条例(外国人地方参政権)を廃止させます。

 日本国民の生命・財産・安全・自由を守るために一番重要なものこそが、国家主権であり国民主権だからです。(断じて地域主権や市民主権・住民主権ではありません)。国家主権と国民主権を奪われれば、チベットやウイグルになるのです。

 多くの民主党議員のように中国人や韓国人・朝鮮人に対して、日本列島の主権を譲渡しようとする行為は、日本国民に対する背信行為です。
 だからこそ、在特会は竹島の主権は日本にあり、不法占拠を行う韓国を竹島からたたき出すよう強烈に主張しているのです。北方領土や尖閣諸島に関しても同様です。

(参考書籍)
「太陽の黙示録」

(参考サイト)

菅首相に違法献金の疑い 在日韓国人から 首相側未回答


(竹島奪還デモ行進・街宣 ニコニコ動画 版)

在特会 福岡支部 2.20 竹島奪還街宣 その1

在特会 福岡支部 2.20 竹島奪還街宣 その2

在特会 福岡支部 2.20 竹島奪還街宣 その3

在特会 福岡支部 2.20 竹島奪還デモ行進 その1

在特会 福岡支部 2.20 竹島奪還デモ行進 その2

在特会 福岡支部 2.20 竹島奪還デモ行進 その3

投稿者:沢村直樹

コメント

非公開コメント

Profile

在特会福岡支部

Author:在特会福岡支部
天神界隈を中心に、街頭活動、勉強会、デモ、抗議活動などをやっております。テレビの前や居酒屋で愚痴をこぼしても何も変わることはありません。同志の皆さん、今こそ声を上げてまいろうではありませんか。

Twitter
New
Comment
Trackback
Archive
Category
Search
RSS
Link
ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも
QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。