スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウクライナの悲劇と日本の近未来

ウクライナの悲劇を連日のようにニュースが報道しているが、

安倍内閣の進める移民政策や道州制や特区制度が、近未来の日本をウクライナ化する事実を政治評論家は口にしない。

・ウクライナの特定地域にロシア系住民が居住し、ウクライナからの分離独立を問う住民投票後、ロシア軍の介入を許した。

・安倍内閣の最重要政策である、道州制も、移民推進も、国家戦略特区も、

日本をウクライナ化する政策に他ならない。


(1)移民推進で特亜や東南アジアやイスラム圏から移民が流入する。

(2)道州制によって、道州(地方自治体)が、法律(外国人参政権)をつくる能力を持つ

(3)一国二制度(特区制度)により、特定地域に外国人移民が集中的に居住する。


(4)特定地域に居住した外国人が日本からの分離独立運動(住民投票)を行う。

(5)移民による分離独立を阻止しようとする生粋の日本人と移民との間に衝突が生じる。


(6)支那系日本人を保護する大義名分により、人民解放軍の軍隊が衝突地域に駐留する。

(7)国連安保理にて、支那系日本人による分離独立問題が議題にあがる。


(8)民主党や安倍総理のブレーンたちが掲げる「地域主権関連法案」が成立していたため、

支那系日本人の特定地域における分離独立(あるいは支那系日本人)による

自治区化が国連安保理にて承認される。


(9)日本から独立した地方自治体は、支那人民共和国に編入される。


※独立の条件=特定の民族(支那系日本人)+特定の地域(領域)+主権(地域主権)


(1)~(9)の流れについて、これまで動画を使って訴えてきましたが、
十分には理解していただけない事が多かったと思います。



しかし、この内部侵略の流れが現実に起きているのが、今ニュースで話題になっているウクライナなのです。

安倍総理の靖国参拝に関しては、限りない賞賛を送るべきだと思います。

しかし内部侵略を招く売国政策に対しては、断固反対の声をあげましょう。

                                    福岡支部長:沢村直樹

コメント

非公開コメント

Profile

在特会福岡支部

Author:在特会福岡支部
天神界隈を中心に、街頭活動、勉強会、デモ、抗議活動などをやっております。テレビの前や居酒屋で愚痴をこぼしても何も変わることはありません。同志の皆さん、今こそ声を上げてまいろうではありませんか。

Twitter
New
Comment
Trackback
Archive
Category
Search
RSS
Link
ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも
QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。