スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【活動報告】在特会 4.10 桜井誠会長がテロリスト安重根の顕彰碑を建てた佐賀県の無量寺に対して抗議

平成23年4月10日(日)に、在日特権を許さない市民の会の桜井誠会長が、テロリストである安重根の顕彰碑を建てた佐賀県にある無量寺という曹洞宗のお寺に対し、抗議のため訪れました。

日本の英雄である伊藤博文を暗殺したテロリストでしかない安重根の顕彰碑をお寺の中(お墓の側)に建てるなど、異常な行動としかいいようがありません。



テロリスト【terrorist】とは、「テロリズムを信奉する人」の事であります。
テロリズム【terrorism】とは、「政治的目的を達成するために、暗殺・暴行・粛清・破壊活動など直接的な暴力やその脅威に訴える主義」のことです。

当然、「テロリスト・安重根」と「東洋平和」は、一切何の関係もありません。
これを無理やり関連付けようとする韓国人は、自分で自分に対して平気でウソをつけるのです。



暗殺された伊藤博文は日露戦争において日本の勝利のために尽力した最大の功労者の一人です。
もしも日本がロシアに負けていたら、21世紀の今でも、朝鮮半島は100%ロシア領土であり、

中国の揚子江より北部も100%ロシア領土であり、
中国の揚子江より南は100%イギリス領土かフランス領土であり、

21世紀の今でも、幕末~明治維新の頃と同様に白人による有色人種に対する差別が続いていたでしょう。
そして21世紀になってもオリンピックは、白人以外の参加は許されなかった事でしょう。

安重根財団青年アカデミー日本支部は、歴史の捏造を今すぐやめて、東洋を白人列強の一極支配から救った、伊藤博文の顕彰碑を建設するために尽力すべきなのです。



以上のことからも、安重根を、東洋の平和のために活動した義士として顕彰する大義名分など
カケラもありません。むしろ東洋を白人列強による支配から救った英雄である伊藤博文を暗殺した、
許されざる売名行為の愚か者として韓国の教科書に明記すべきなのです。

以上のように安重根とは、浅はかで・自意識過剰で・売名行為の・テロリスト以外の何者でもありません。



この話をお寺に持ちかけた「長崎県在住の方」は、明らかに「戦略的に」顕彰碑の設置のために行動しています。在特会として、この話を持ちかけた「長崎県の方」からお話をお伺いしたいのですが、(6月19日現在)連絡が取れない状況です。

本当にテロリストの顕彰碑をお寺の中に建設する事に正当性があると思うなら、話を持ちかけた「長崎県の方」は堂々と我々と会い、公開討論会に望むべきです。もしも堂々と公開討論会に出て来れないならば、お寺に話を持ちかけた「長崎県の方」は責任を持って、許されざる愚か者のテロリスト安重根の顕彰碑を撤去すべきです。

コメント

非公開コメント

Profile

在特会福岡支部

Author:在特会福岡支部
天神界隈を中心に、街頭活動、勉強会、デモ、抗議活動などをやっております。テレビの前や居酒屋で愚痴をこぼしても何も変わることはありません。同志の皆さん、今こそ声を上げてまいろうではありませんか。

Twitter
New
Comment
Trackback
Archive
Category
Search
RSS
Link
ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも
QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。