スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】救う会福岡と話しました

ことの発端は以下の北海道支部ブログをご覧ください。

http://zaitokuhokkaido.blog82.fc2.com/blog-entry-262.html

平成23年6月5日、東京で行われた拉致被害者奪還を目的とした国民大行進に在日特権を許さない市民の会東京支部や友好団体が参加したことで、救う会青森、秋田、神奈川、奈良、福岡さんと、拉致解決徳島ネの方々が連帯して救う会の西岡さん、家族会の飯塚さん、拉致議連の平沼先生に質問状(※4)を送付したそうです。


上記北海道支部のブログを読み、このトンデモ質問書を「救う会福岡」も提出してることを確認するため、救う会福岡事務局を担当している松尾和幸氏に電話しましたところ、氏曰く確かに「救う会福岡」も加担していることを認めました。これまで「救う会福岡」とは良好な関係でしたので正直驚きました。

「何を持って在特会を民族差別主義団体と誹謗中傷するのか?」
と問い詰めましたが明確な説明もできず、そもそも勧進橋児童公園事件の経緯についても判決文すら確認していない様子でした。まるで左翼と話している感じで思わず大声を上げてしまい、決別宣言をして電話を終了しました。

今後のことを考えながらの帰り道、救う会 福岡副代表 辻氏(何時も辻氏とは連絡をとっています)
から電話連絡があり、松尾氏から件の話を聞いたとのことで「申し訳無い」
と謝罪を受けました。辻氏はちょうど所要で保守系団体の方たちと会合を開いているとのことでしたので、そこに直接お邪魔して今回の件を確認したところ以下のとおりでした。

質問書は救う会福岡の総意で出した訳でなく、松尾氏の独断で救う会福岡の名前を使ったものであり、団体としてこの件には関与していないと説明を受けました。この席で改めて「在特会さんには申し訳なかった」
と謝罪をいただきました。よって、この件において在特会福岡支部は謝罪を受け入れ、これまでと同じように救う会福岡とはお互い尊重しながら活動してまいります。

福岡支部においてこの問題はこれで終了しますが、他県の救う会は別です。拉致被害者奪還デモの主催側からの協力要請に基づいて呼びかけ、集まった多くの在特会関係の参加者を愚弄する救う会の質問状は許容しがたいものです。今後、共同提出した残りの救う会には在特会各支部から直接連絡を取って正式に抗議文を送付するとともに、ことの是非を糺していく所存です。

平成23年6月9日 在特会副会長 先崎玲

コメント

非公開コメント

Profile

在特会福岡支部

Author:在特会福岡支部
天神界隈を中心に、街頭活動、勉強会、デモ、抗議活動などをやっております。テレビの前や居酒屋で愚痴をこぼしても何も変わることはありません。同志の皆さん、今こそ声を上げてまいろうではありませんか。

Twitter
New
Comment
Trackback
Archive
Category
Search
RSS
Link
ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも
QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。