スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【活動報告】在特会福岡 (過激派主導)脱原発サウンドデモ@福岡         に対してカウンター街宣  平成23年6月11日(土)

平成23年6月11日(土)に、脱原発サウンドデモ(反原発デモ)に対して
カウンター街宣を行いました。
今回の反原発デモで特に印象に残ったのは、以下の11項目です。

(1)朝鮮半島の民族衣装であるチマチョゴリを着て、祖国の伝統・文化を誇示するかのように、
  誇らしげに行進する高齢の女性が複数いました。

(2)朝鮮半島の太鼓・カネを鳴らしながら行進。

(3)反原発デモ隊の出発が送れていたため、在特会の撮影担当者が、
 警固公園に様子を見に行って良いかと警備の私服警察に告げると、

(公安)『 ダメ、 あんた行ったら殺される』と言われたこと。

(4)反原発デモが通過する道路の周辺にある、すべての地下鉄の階段に、
  機動隊がそれぞれ20人づつ半身の状態で配備されていたこと。

(5)【首の据わっていない赤ん坊】まで、反原発デモに【動員】していたこと。

(6)缶ビールを飲みながら、くわえタバコでデモ行進する者がいた(条例違反)

(7)まるで【元寇】の時の朝鮮人兵士のごとく、周囲を威圧するかのように
  エレキギターやドラムで騒音を出していた。

(8)日の丸の【白い部分を真っ黒に塗りつぶした旗】を掲げていた。

(9)【日米軍事同盟反対】の横断幕を掲げていた。

(10)過激派(中核派と革マル派)が反原発デモに参加。

(11)在特会の撮影担当者が、「前に出て反原発デモを撮影したい」と主張、
  公安=「危険な連中が混じってるから前に出て撮影ダメ」(博多弁で言われた)。

   更にくいさがって前に行くと告げると
  公安=「危険な情報も入っている なんかあったら大変やけ中に入って」(博多弁)

  と言われたこと。

以上の事実を中国や韓国や北朝鮮の手が回った反日テレビや反日新聞は、
絶対に報道しないでしょう。





脱原発サウンドデモ@福岡を簡潔に解説すれば、朝鮮半島の伝統的な【精神的勝利法】である【声闘・ソント】と同じだということです。


【声闘・ソント】とは、声の大きさで相手の言論を封じることです。

朝鮮半島では、「声闘(ソント)」という文化【精神的勝利法】があります。
人と議論をするとき、議論の内容は関係なく、ただ大声で早口で居丈高に話し、相手が何も言い返せなくなれば勝ち、という考え方です。
つまり、より高圧的に話すことが正義なわけです。

一方、我々日本人は、議論はあくまで話の中身が重要で、いかに論理的に相手をねじ伏せるかが重要です。

多くの【普通の日本人】が、脱原発サウンドデモ(反原発デモ)を見た際に感じる違和感は、
そこにあるのだと思います。



もちろん日本国籍保有者も大勢参加していましたが、
中核派や革マルといった無差別殺人集団や、
【心のふるさと】が朝鮮半島やシナ大陸の人、現実逃避のお花畑・・・といった
普通の日本人の社会常識からかけ離れた人ばかりでした。

参加者の中には、反日マスコミに煽られて参加した大学生もいるかもしれません。
その場合は、二度と過激派の主導する反原発デモにはかかわらないことです。

中核派や革マルの勧誘がしつこい場合は、「 110番」(警察)に電話して助けを求めることです。
実際に中核派に入り、大学を中退して消息を絶った人がいます。




カウンター街宣の際、「元寇」でモンゴル軍(ほとんどが朝鮮人)と
戦った鎌倉武士は、カウンター街宣を行った在特会と、
同様の違和感を持ったのではないかと思いました。



脱原発サウンドデモにおいて、警察は2008年4月26日の
北京五輪・長野聖火リレー事件と同様に、
道路交通法違反の過激派主導の反日デモを取り締まろうとはしませんでした。

こんなことでは、中国国防動員法が発令された場合が思いやられます。
日本国政府に中国・韓国・北朝鮮の手が回っている以上、

このままでは国防動員法によって暴徒化した中国人留学生・中国人観光客や
便乗して暴徒化した(反日洗脳教育を受けた)不逞在日韓国・朝鮮人を自衛隊でも抑えきれないでしょう。



今後も、中国や韓国や北朝鮮の手が回った(もしくは手が回った人の手が回った)
反日工作組織との更なる厳しい戦いが続きますが、
日本が落ちるところまで落ちた以上、後は上昇するだけであると、

苛烈な現実を見据えると同時に楽観視しております。
日本人は以外に竹のように柔軟で強いのです。

ここから先は、時間との戦いになります。
GHQの置き土産である反日バカ左翼が60年かけてやった事を、
我々は数年でやらなければなりません。

コメント

非公開コメント

無題

朝鮮人が「脱原発デモ」に参加してはいけない法律があるのかな~。
日本の福島から飛散した放射性物質が、
北半球はおろか南半球にまで飛散してしまった。
これは国際的にも問題視されるのでは。

まして近隣諸国であるロシア、中国、韓国からは、
海に放射能汚染された水を流した一件で、
訝しく思われているのが現実じゃ。

その視点が持てない日本人ではあるまい。
Profile

在特会福岡支部

Author:在特会福岡支部
天神界隈を中心に、街頭活動、勉強会、デモ、抗議活動などをやっております。テレビの前や居酒屋で愚痴をこぼしても何も変わることはありません。同志の皆さん、今こそ声を上げてまいろうではありませんか。

Twitter
New
Comment
Trackback
Archive
Category
Search
RSS
Link
ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも
QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。