スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱原発サウンドデモ@福岡が掲げていた、              【黒く塗りつぶした日本国旗】

脱原発サウンドデモの正体を、「黒く塗りつぶした日本国旗」の動画ほど
雄弁に語るものはないと思います。

百聞は一見にしかず。まずは6月11日(土)に福岡市で、
脱原発サウンドデモ@福岡が掲げていた「黒く塗りつぶした日本国旗」の動画をご覧ください。




地球市民を唱えつつ「黒く塗りつぶした日本国旗」を掲げる、脱原発デモ隊の前で、
もしも普通の日本人が、中国の国旗(五星紅旗)や韓国の国旗(大極旗)を同様に、
黒く塗ったとしたら、自称・【地球市民】の中には顔を真っ赤にして抗議に来る者がいるでしょう。

このような人達が、脱原発サウンドデモの中心メンバーなのです。
要するに、日本の国家主権を消滅させたい人が、脱原発デモを行っているわけです。

国家主権を失えば、日本がチベット自治区やウイグル自治区のようになり、
日本人が中国人民解放軍から大虐殺されるということです。

また、脱原発サウンドデモのデモ隊は、【日米軍事同盟反対】の横断幕を掲げていました。
この「脱原発サウンドデモ」の背後で糸を引くものが、どこであるか説明の必要は無いでしょう。



更には、福岡県警は、過激派(黒ヘル)のテロを警戒したためか、
脱原発サウンドデモ@福岡のデモ隊を、道路交通法違反で取り締まろうとはしませんでした。




公安筋情報によると、6月11日(土)に行われた脱原発サウンドデモ@福岡の
参加人数は約500人であり、
新聞報道の600人~1000人は大嘘です。

また情報によると、大勢の外国人と労働組合関係者と思われる日本人が、
マイクロバス数台で、動員(送迎)されていたそうです。




6月11日(土)の『脱原発サウンドデモ@福岡』を、一言でまとめると、
朝鮮人・シナ人ら外国人による【内政干渉デモ】、
【極左集団による呉越同舟デモ】または【普通の日本人『も』いたデモ】ということです。

コメント

非公開コメント

Profile

在特会福岡支部

Author:在特会福岡支部
天神界隈を中心に、街頭活動、勉強会、デモ、抗議活動などをやっております。テレビの前や居酒屋で愚痴をこぼしても何も変わることはありません。同志の皆さん、今こそ声を上げてまいろうではありませんか。

Twitter
New
Comment
Trackback
Archive
Category
Search
RSS
Link
ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも
QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。