スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP断固反対  在福岡米国領事館 抗議文提出

平成23年12月11日(日)に、福岡市中央区大濠公園の側にある在福岡米国領事館に対して、
TPP断固反対の抗議文を読み上げた後、米国領事館正門に向かい抗議文を提出しました。

抗議文を読み上げる際の動画です。



以下、抗議文の全文を掲載いたします。

------------------------------

                    抗議文
平成23年12月11日                                                                                                                        アメリカ合衆国第44代大統領バラク・オバマ閣下

 オバマ閣下におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
私たちは、在日特権を許さない市民の会(九州・中国・四国ブロック)の者です。

 在日特権を許さない市民の会(以下:在特会)とは、日本において行動する保守活動を行っている市民団体であります。
 このたびは、貴国が同盟国である日本に対して押し付けているTPPに対し、憤りが収まらないためペンを取りました。

 もしも日本がTPPに参加すれば、おびただしい数の経済難民の流入と自治基本条例や地域主権・地方主権・地方分権の融合によって、
日本全国が想像を絶する在日特権まみれの租界だらけになってしまいます。

 よく反日勢力がネットに書き込んでいるコメントに、「日本を東アジアの解放区にしてやる」という文言があります。
 今現在、貴国が日本に押し付けているTPPにもしも日本が参加すれば、100パーセント日本は「東アジアの解放区」にされてしまいます。

 また在特会は日本の核武装を実現すべく、今年の8月6日に広島において史上初めて、「原発を守れ核武装推進デモ」を行いました。

 TPPに参加すれば日本の核武装の道、主権国家として自国の安全保障を自国で守る権利を永遠に奪われてしまいます。

 また在特会がこれまで断固反対して来た、外国人参政権や人権侵害救済法案が、
TPPと自治基本条例と地域主権・地方分権の融合によって物理的に成立し、日本は主権を失います。

 TPPは在特会がこれまで断固反対してきた、全ての日本解体政策の呼び水となるでしょう。TPPに日本が参加すれば、在特会がこれまで日本解体を阻止するために手弁当で必死に守ってきた美しい国・日本を、

領土・技術・水資源・・・皇室に至るまで、ハイエナに食い荒らされるがごとくズタズタにされるでしょう。

 在特会とは貴国でも有名な映画監督である黒澤明の代表作、「七人の侍」に登場する、盗賊に襲われる村を、命をかけて守りぬいた「侍」のような存在であります。


映画「七人の侍」に登場する「村」が日本国であり、「農民」がテレビや新聞に騙される善良な日本人です。そして、村を襲い「農民から食料や女性」を奪っていく盗賊が、韓国・北朝鮮・中国・ロシア・・・そして今回TPPを日本に押し付けて来た貴国であります。

 我々はテレビや新聞に騙される善良でお人よしの日本人と日本国を守るため、黒澤映画の「七人の侍」のごとく日本解体の最終兵器であるTPPを、たった一つの命と引き換えにしてでも、絶対に阻止する覚悟です。

 貴国や支那・ロシア・韓国・北朝鮮は、己の欲望に忠実に生きるエゴイズムの社会です。一方、日本人(日本国)は「他人のために生きる(公のために生きる)」高貴な心を持った国民が作る社会です。

その世界でも稀な美しい国・美しい日本人の心と国柄を破壊する、エゴイズムに満ちたTPPは、どんな犠牲を払ってでも絶対に阻止しなければならないのです。

 前回の貴国の大統領選挙において、閣下は「チェンジ」という言葉で全米を魅了し、黒人初のアメリカ合衆国大統領に就任されました。

傑出した指導者である閣下ならば、貴国にとって最大の同盟国である日本国民の憤りをご推察していただけるものと信じております。

 TPPに対して私どもが抗議したい点は、他にも山のようにございますが、そちらは公開質問状の方でお伺いいたします。

 最後になりますが、閣下と同盟国である米国に幸あらんことを、お祈り申し上げます。

                                               以上
                                                  
在日特権を許さない市民の会 九州・中国・四国担当副会長  先崎怜
在日特権を許さない市民の会 IT関連統括担当副会長     藤井義行
在日特権を許さない市民の会 広島支部長            川上直四郎
在日特権を許さない市民の会 島根支部長            大嶋聡
在日特権を許さない市民の会 大分支部長            松原政義
在日特権を許さない市民の会 佐賀支部運営           司馬晶史
在日特権を許さない市民の会 長崎支部長            晴朗波高
在日特権を許さない市民の会 福岡支部長            沢村直樹

コメント

非公開コメント

No title

在特会の皆様へ。

アメリカ領事館への陳情、ご苦労様でした。
アメリカとしても、日本の行く末を案じているのではないでしょうか。
既に放射能に汚染された農産物や海産物が出回っていると、
主婦たちの間では話題になっています。
それよりも安全で安い物を求めるのは人間の性。

寒い中、本当にご苦労様でした。

No title

アメリカの支配階級の本質は、中国共産党の幹部と同様に金の亡者であります。
自国の一般庶民の健康さえも、一切無視しているのが現状です。

米国の支配層による、金のためなら何でもやる異様さは、放射能よりも危険です。

以下の動画をご覧ください。

TPPの先にあるものを暗示している動画1/3
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13412914

SICKO 1/4
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14248896

アメリカが考えているのは、日本の解体と思われます。

以下の資料をご覧ください。

TPPで日本殲滅を画策する米国 元公安調査庁第二部長 菅沼光弘(月刊日本)
http://www.asyura2.com/11/senkyo108/msg/679.html

No title

以下、再投稿です。

アメリカが日本を解体する事を考えているでしょうか。
敗戦直後の日本を救ってくれたのはアメリカ。
そして戦後の経済発展にしても朝鮮戦争による特需です。
日本の敗戦処理、経済発展の裏には、
常にアメリカという偉大なる存在があったのです。

「礼節を重んじる日本人」は、
決して「恩義」というものを忘れません。

ところで「星条旗」は映っていましたが、
「日の丸」はどうして映っていないのですか。
私の勘違いならば宜しいのですが。
Profile

在特会福岡支部

Author:在特会福岡支部
天神界隈を中心に、街頭活動、勉強会、デモ、抗議活動などをやっております。テレビの前や居酒屋で愚痴をこぼしても何も変わることはありません。同志の皆さん、今こそ声を上げてまいろうではありませんか。

Twitter
New
Comment
Trackback
Archive
Category
Search
RSS
Link
ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも
QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。